チョーコー商品でおいしくできるレシピをご紹介

2021.12月の料理

カブと牛肉の味噌ダレ炒め

皮も葉も使用し、カブを丸々1個味わうレシピです。カブの表面を焼き付けることでうま味が凝縮。シャキシャキと食感良く仕上がります。カブの葉はネギやコマツナでも代用可能。手間のかかる皮むきがない分、手早く作ることができます。

レシピ,とっとってmotto,ちゃんこ鍋つゆ,麦みそ,カブ,牛肉

材料(3〜4人分)

カブ 中1個(250g)
カブの葉 1個分
牛切り落とし肉 200g
シメジ 100g
ごま油 小さじ1/2
長崎麦みそ ちゃんこ鍋つゆ 1袋
100cc
レシピ
[1]カブは皮付きのまま縦に半分にし、5mm幅の薄いくし型に切ります。葉は4cmの長さに切り、茎と葉先を分けておきます。シメジは小房に分けます。
[2]フライパンにごま油をひき、カブとシメジを入れて中火で3分ほど焼き付けます。
[3]フライパンの中央を空けて牛切り落とし肉を入れ、7割程度火が通るまで焼きます。
[4][3]に鍋つゆ、カブの茎を入れてさっと炒め、水とカブの葉先を入れます。牛肉に火が通ったら器に盛り付けます。

技ありポイント

●カブの皮の部分はうま味と栄養が多いので、皮はむかずに丸ごと使います。
●フライパンでカブを焼く時、あまり動かさないようにしましょう。じっと待つことできれいな焼き色が付き、香ばしさと甘みが生まれます。

レシピ,とっとってmotto,ちゃんこ鍋つゆ,麦みそ,カブ,牛肉

教えてくれた人

加藤良依 さん

長崎市在住。「野菜と乾物研究所」主宰。野菜ソムリエ、かんぶつマエストロなどの資格を所持。食育講座や料理教室を行っています。野菜や果物を主としたヘルシーで簡単な家庭料理を紹介します。ブログは「野菜と乾物研究所」で検索を。まる

レシピ,とっとってmotto,ちゃんこ鍋つゆ,麦みそ,カブ,牛肉

おいしい旬野菜

カブ

寒くなってくると甘みが増すカブ。葉が硬い場合は、さっと茹でてから使って下さい。カブの葉にはβカロテンやカルシウムなど、根の部分にはない栄養素も。葉付きのままだと鮮度が落ちやすいので、切り分けてから保存してください。

長崎麦みそ ちゃんこ鍋つゆ
< 使用調味料紹介 >
長崎麦みそ ちゃんこ鍋つゆ
長崎でのみ栽培されている、はだか麦「長崎御島」を使用したチョーコーの「長崎麦みそ」をベースに、長崎県産の真鯛と焼き飛魚(あご)、鹿児島県産の南国元気鶏とかつお節、4つの九州産だしを使用した「みそちゃんこ鍋つゆ」です。
化学調味料は無添加。
詳しくみる

NBC「Pint」レシピ

あっ!ぷる食卓だんらんクッキング

忙しいあなたにピッタリのお手軽レシピをご紹介します。

詳しく見る>>

オリジナルレシピ

オリジナルレシピ

チョーコーこだわりの調味料を使ったレシピをご紹介します。

花えびのすまし汁 詳しく見る>>

石井夫婦レシピ

石井さんルレシピ

食研究家の石井達也・裕加夫妻にチョーコー商品を使った簡単レシピを教えて頂きました!

和のだしが旨くする 簡単ローストビーフ 詳しく見る>>

とっとってmotto!

とっとってmotto!

「とっとってmotto!」とチョーコー醤油のコラボレシピ。

新玉ねぎの醤油マリネパリパリチキンソテー 詳しく見る>>