チョーコー醤油株式会社

食卓に健康と美味しさをお届けします

中国語サイトへ オンラインショップへ

九州の食と醤油

鎖国時代、
西欧に絶賛された
長崎渡来の「金冨良醤油」

金冨良醤油(こんぷらしょうゆ)とは、鎖国の江戸時代に、海外との交易が日本国内で唯一許された長崎・出島から、アジア、ヨーロッパなどに輸出されていた醤油のことです。輸出用の波佐見焼のコンプラ瓶(染付白磁の徳利のような瓶)に詰めて、海外に運ばれました。
コンプラの語源は、ポルトガル語の「conprador」で、「仲買人」を意味します。当時、オランダ人相手に商売をする特権を与えられていた日本の商人を「コンプラ商人」と呼びました。コンプラ商人仲間が取り扱っていた瓶だから、コンプラ瓶になったとか。
海外とのただ一つの窓口であった貿易港・出島から、オランダ船に積み込まれて旅立った、金冨良醤油は、当時のヨーロッパの食通をうならせたと言います。美食家で知られたフランスのルイ14世が、醤油を宮廷料理の隠し味に使わせていた、との話も今に伝えられています。

西欧アンティークとして
重宝されるコンプラ瓶

コンプラ瓶は作家たちの文章にも出てきます。井伏鱒二は「コンプラ醤油瓶」という話を書いています。徳富蘆花が訪問したロシアの文豪トルストイ邸で、机の上にコンプラ瓶が置いてあり、一輪挿しとして使用していた、との逸話も。「JAPANSCHZOYZ」(日本の醤油)と書かれた、波佐見焼のコンプラ瓶は、今でもヨーロッパのアンティークの小道具屋で見ることができるそうです。

チョーコーが
金冨良醤油を現代に再現

長崎の醤油メーカーとして、チョーコー醤油は金冨良醤油を現代に再現しました。波佐見焼の窯元に特注したコンプラ瓶に詰めたのは、超特選規格の本醸造丸大豆醤油。厳選した小麦、大豆、塩、米だけを原料に、しっかり発酵・熟成させた、最高級のこいくち醤油です。丸大豆もろみ特有のほのかな甘みと芳醇な香り。歴史ロマンを感じさせる白磁の瓶に詰まったチョーコー自慢の味を、心ゆくまでご堪能ください。
※超特選とはJAS規格特級の中でも旨味成分が1.2倍以上含まれている、最上級のこいくち醤油です。
※「金富良醤油」は受注生産品につきオンラインショップでの販売は行っておりません。
ご注文の際は、お問い合わせフォームもしくはフリーダイヤル:0120-040-500にてご連絡ください。